研究活動

戸田 貴久 [FAMILY Given]

Last update: 2018-10-12


目次

研究業績
学術雑誌論文
国際会議論文
著書
解説論文
研究会発表など

研究業績

学術雑誌論文

国際会議論文

  • Tomohiro Yamazaki, Hisashi Koga, Takahisa Toda, Fast Exact Algorithm to Solve Continuous Similarity Search for Evolving Queries, in Proc. of 13th Asia Information Retrieval Societies Conference, AIRS 2017, Jeju Island, South Korea, November 22-24, 2017.
  • Taichi Uchino, Hisashi Koga, Takahisa Toda, Improved Compression-Based Pattern Recognition Exploiting New Useful Freatures, in Proc. of the 8-th Iberian Conference on Pattern Recognition and Image Analysis (IbPRIA), June, 2017, Faro, Portugal.
  • Hisashi Koga, Yuji Nakajima, Takahisa Toda, Effective Construction of Compression-based Feature Space, in Proc. of the International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA), October, 2016, Monterey, California, USA.
  • Takahisa Toda, Koji Tsuda, BDD Construction for All Solutions SAT and Efficient Caching Mechanism, in Proc. of the 30th Annual ACM Symposium on Applied Computing (Track on Constraint Solving and Programming and Knowledge Representation and Reasoning), pp. 1880-1886, April, 2015, Salamanca, Spain. プログラムCNF2OBDDを公開しています. こちらもご覧ください.
  • Takahisa Toda, Shogo Takeuchi, Koji Tsuda, Shin-ichi Minato, Superset Generation on Decision Diagrams, in Proc. of the 9th International Workshop on Algorithms and Computation (WALCOM 2015), LNCS, Vol. 8973, pp. 317-322, Feb., 2015, Dhaka, Bangladesh.
  • Hiroshi Aoki, Takahisa Toda, Shin-ichi Minato, Three-way Indexing ZDDs for Large-scale Sparse Datasets, in Proc. of the fourth International Workshop on Algorithms for Large-Scale Information Processing in Knowledge Discovery, in conjunction with PAKDD 2014, LNCS, Vol. 8643, pp. 457-469, May, 2014, Tainan, Taiwan.
  • Shogo Takeuchi, Takahisa Toda, Shin-ichi Minato, A General Framework for Parallel Unary Operations on ZDDs, in Proc. of the fourth International Workshop on Algorithms for Large-Scale Information Processing in Knowledge Discovery, in conjunction with PAKDD 2014, LNCS, Vol. 8643, pp.494-503, May, 2014, Tainan, Taiwan.
  • Yuma Inoue, Takahisa Toda, Shin-ichi Minato, "Generating Permutations under Pattern Occurence Constraints Using PiDDs", in Proc. of the fourth International Workshop on Algorithms for Large-Scale Information Processing in Knowledge Discovery, in conjunction with PAKDD 2014, May, 2014, Tainan, Taiwan.
  • Takahisa Toda, Dualization of Boolean functions Using Ternary Decision Diagrams, in Proc. of 13th International Symposium on Artificial Intelligence and Mathematics (ISAIM2014), Florida, USA(2014). プログラムDB-TDDを公開しています.
  • Takahisa Toda, Fast Compression of Large-scale Hypergraphs for Solving Combinatorial Problems, in Proc. of Sixteenth International Conference on Discovery Science (DS2013), LNAI 8140, pp. 281-293, Singapore (2013). プログラムZCOMPを公開しています.
  • Takahisa Toda, Hypergraph Transversal Computation with Binary Decision Diagrams, in Proc. of 12th International Symposium on Experimental Algorithms (SEA2013), LNCS 7933, pp.91-102, Rome, Italy (2013). プログラムHTC-BDDを公開しています.
  • Takahisa Toda, Multipolytopes and Their Duality, in Proceedings of the 7th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp.457-464. Kyoto, May 31, 2011.
  • Takahisa Toda, Convex sets in real projective space and its application to computational geometry, in Proceedings of the 7th Japan Conference on Computational Geometry and Graphs, pp.20-21. 金沢, 石川, 日本(2009年11月).

著書

  • ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 著, 湊真一 編, “超高速グラフ列挙アルゴリズム –フカシギの数え方が拓く,組合せ問題の新アプローチ−,” 森北出版, 2015年4月. (出版社のページ)

解説論文

  • 戸田貴久,竹内聖悟,美添一樹, 超大規模なグラフ構造の効率的な処理技術, 電子情報通信学会 小特集「フカシギの数え方」から広がるアルゴリズムの理工学――二分決定グラフによる離散構造処理と広がる応用分野――, Vol.97 No.12pp.1097-1102,2014.

研究会発表など

  • 戸田貴久,モデル検査における反例空間の構造解析, 人工知能学会 第107回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 北海道札幌市(2018年8月).
  • 鈴木 聡,古賀 久志,Gibran FUENTES PINEDA Gibran,戸田貴久,共通要素を類似度とするハッシュベース集合間類似検索手法の改善, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 福井県あわら市(2018年3月).
  • 藤原勇二,古賀久志,戸田貴久,ユークリッド距離に基づく多観点非類似度とその分割最適化クラスタリングへの応用, 人工知能学会 第106回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 鹿児島県指宿市(2018年3月).
  • 藤原勇二,古賀久志,戸田貴久,多観点類似度を用いた凝集型階層クラスタリング, 第16回情報科学技術フォーラム, 東京(2017年9月).
  • 戸田貴久,モデル検査における反例発見から反例列挙への拡張, 基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト「2017年度 初夏のワークショップ」, 北海道札幌市, (2017年6月).
  • 山崎智博, 古賀久志, 戸田貴久, 集合間類似度を用いたストリームデータのtop-k類似検索に対する高速な厳密解アルゴリズム, 信学技報, vol. 117, no. 28, COMP2017-1, pp. 1-8, 2017年5月.
  • 戸田貴久, (招待講演)命題論理式を充足する変数割当の網羅的探索手法について, 人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 大分県由布市, (2017年3月).
  • 戸田貴久, 宋剛秀,効率的なAllSATソルバーの実装と評価, 第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2017), 山梨県笛吹市, (2017年3月).
  • 戸田貴久,擬似ブール制約を解く, 情報系WINTER FESTA Episode2, 東京(2016年12月).
  • 戸田貴久,擬似ブール制約を解く, 基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト「2016年度 秋のワークショップ」, 北海道札幌市, (2016年11月).
  • 戸田貴久,井上武, AllSATにおける変数従属関係, 基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト「2016年度 初夏のワークショップ」, 北海道札幌市, (2016年6月).
  • 戸田貴久, 井上武, 変数間の支配関係に基づく論理式の全解列挙手法, 第30回人工知能学会全国大会, 1D5-OS-02b-6in2, 福岡県北九州市, 2016年6月.
  • 板橋 大樹,古賀 久志,Gibran Fuentes Pineda GIBRAN,戸田 貴久,"共通要素数を重視したハッシュベース集合間類似検索",第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), 福岡県福岡市, 2016.
  • 宮田昂充,古賀久志,戸田貴久,"部分構造の類似性を考慮したMin-Hashベースのグラフ類似検索",電子情報通信学会総合大会 D-4-11, 福岡県福岡市, 2016.
  • 小林 馨,古賀久志,戸田貴久,"適応的に類似度を選択する類似画像検索方式",電子情報通信学会総合大会 D-12-35, 福岡県福岡市, 2016.
  • 戸田貴久,宋剛秀, 全解列挙型SATソルバー, 情報系WINTER FESTA, 東京(2015年12月).
  • 戸田貴久,宋剛秀, AllSATソルバの最近の進展, Genome Privacy CREST セミナートーク, 東京大学(2015年11月).
  • 戸田貴久,宋剛秀, AllSATソルバの最近の進展, ERATO湊離散構造処理系プロジェクト2015年度秋のワークショップ, 北海道千歳市, (2015年11月).
  • 戸田貴久, 津田 宏治, BDDに基づくALLSATソルバーを用いたアイテムセットマイニング, 第29回人工知能学会全国大会, 2H4-OS-03a-3in, 北海道函館市, 2015年5月.
  • 戸田貴久,津田宏治,BDDを用いたALLSATの枠組みとパターンマイニングへの応用, IBM 東京基礎研究所(2015年4月).
  • 戸田貴久,津田宏治,ALLSATのためのBDD構築および効率的なキャッシング技法,人工知能学会 第97回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 大分県別府市(2015年3月).
  • 菅谷輝治,戸田貴久,湊 真一,ハイパーグラフにおける極大独立集合列挙のた めのZDD構築手法,コンピュテーション研究会, 信学技報, vol. 114, no. 509, COMP2014-45, pp. 19-27, 2015年3月.
  • Takahisa Toda, Koji Tsuda, "All Solutions SAT, BDD Compilation and Pattern Mining", JST ERATO Kawarabayashi Large Graph Project / Minato Discrete Structure Manipulation System Project Joint Workshop, Tokyo, Japan, Jan. 23, 2015.
  • 土田和生,古賀久志,戸田貴久,"2段階グラフカットを用いた動画からの移動物体抽出" 情処研報 2015-CVIM-196(20), 宮城県仙台市, 2015.
  • 中島優次,古賀久志,戸田貴久,"圧縮性に基づくパターン認識手法における特徴空間の改善"信学技報 PRMU2014-76, pp.63-68, 福岡県福岡市, 2014.
  • 尾久陽平,古賀久志,戸田貴久,"Twitterを利用した時事イベントとローカルイベントの同時検出",信学技報 PRMU2014-69, pp.25-30, 福岡県福岡市, 2014.
  • Takahisa Toda, Koji Tsuda, Efficient Caching Mechanism in BDD Compilation, ERATO-ALSIP Special Seminar 2014, Kyoto, Japan, Dec. 13, 2014.
  • Takahisa Toda, Dualization Using Decision Diagrams and Its Application for Itemset Mining, Decision Diagrams in Optimization I, INFORMS2014, San Francisco, USA, Nov. 10, 2014.
  • 戸田貴久, サイクル描画について, 第20回列挙アルゴリズムセミナー, 群馬県渋川市(2014年9月)
  • 戸田貴久, DPLL型BDD構築法の改善, ERATO湊離散構造処理系プロジェクト2014年度秋のワークショップ, 北海道礼文島(2014年9月).
  • 戸田貴久, SATソルバーを用いたBDD構築法, 第5回CSPSAT2研究会, 兵庫県神戸市(2014年8月).
  • 岩下洋哲, 戸田貴久, 津田 宏治, 湊真一, 乗法標準形で与えられた論理関数に対する二分決定グラフ構築の効率化, 第28回人工知能学会全国大会, 1D4-OS-11a-2in, 2014年5月. 発表者:岩下洋哲
  • 戸田貴久, メモリ階層を考慮したBDD演算とその並列化, ERATO湊離散構造処理系プロジェクト2014年度春のワークショップ, 2014年4月(ポスター)
  • 竹内聖悟, 戸田貴久, 津田宏治, 湊真一, ZDDにおける単項演算並列化の一般的枠組みの提案, 人工知能学会 第92回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 北海道函館市(2014年1月).発表者:竹内聖悟
  • 戸田貴久, 論理関数のCNFからBDDの効率的な構築法, 第145回アルゴリズム研究会, 情報処理学会研究報告. AL, アルゴリズム研究会報告 2013-AL-145(3), 1-8, 2013-10-30, 岩手県花巻市(2013年11月)
  • 青木洋士, 戸田貴久, 湊真一, 巨大で疎な組合せ集合を表現するための三分索引化ZDD, コンピューテーション研究会, 信学技報, vol. 113, no. 252, COMP2013-32, pp. 1-8, 愛知県名古屋市(2013年10月).発表者:青木洋士
  • 戸田貴久, 二分決定グラフに基づくハイパーグラフ極小横断の列挙, 第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013), 鳥取県鳥取市, ポスター発表(2013年9月).
  • 戸田貴久, 湊真一, 二分決定グラフに基づく大規模ハイパーグラフの双対化, 第3回CSPSAT2研究会, 北海道札幌市(2013年7月).発表者:戸田貴久
  • 戸田貴久, 二分決定グラフに基づく極小横断の列挙, 組合せ数学セミナー, 東京都目黒区(2013年7月)
  • Yuma Inoue, Takahisa Toda, Shin-ichi Minato, Efficiently generating classical and vincular pattern avoiding permutations based on permutation decision diagrams, Proc. of Permutation Patterns 2013, pp.43-44 (2013.7).発表者および主著者:井上祐馬
  • 戸田貴久, 二分決定グラフに基づくハイパーグラフ極小横断の列挙, JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト「2013年度初夏のワークショップ」, 札幌(2013年6月), ポスター発表
  • 青木洋士, 戸田貴久, 湊真一, 三分木によるZDDのパス長の均一化手法, JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト「2013年度初夏のワークショップ」, 札幌, ポスター発表(2013年6月).発表者:青木洋士
  • 戸田貴久, 湊真一, 二分決定グラフに基づく大規模ハイパーグラフの双対化とその応用, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回), 2E5-OS-09b-4, 富山県富山市(2013年6月).発表者:湊真一
  • 戸田貴久 大規模ハイパーグラフからZDDの高速な構築アルゴリズム, 情報処理学会アルゴリズム研究会, 情処研報, 2013-AL-144, No. 1, 北海道小樽市(2013年5月)
  • 戸田貴久, 2分決定グラフに基づくハイパーグラフ双対化, 第17回列挙アルゴリズムセミナー, 群馬県渋川市(2013年4月)
  • 井上祐馬, 戸田貴久, 湊真一, 順列二分決定グラフを用いたパターン回避順列の列挙索引化, 情報処理学会アルゴリズム研究会, 情処研報, 2013-AL-143, No. 5, 福島県福島市(2013年3月).発表者:井上祐馬
  • 戸田貴久, 二分決定グラフを用いたフロアプランの解析に向けて, JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト「2012年度秋のワークショップ」, 札幌(2012年10月)
  • 戸田貴久, On Separating Convex Points with Lines, JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクトセミナー, 札幌(2012年11月6日): I. Vigan氏との共同研究
  • 戸田貴久, 二分決定グラフから変数同等関係の抽出, JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト「2012年度初夏のワークショップ」, 札幌(2012年6月), ポスター発表
  • 戸田貴久, 2分割のなす分離族の数え上げ, 2011年度冬のLAシンポジウム予稿集, pp.4.1-4.5, 京都(2012年1月30日): I. Vigan氏との共同研究
  • 戸田貴久, 集合の2分割のなす分離族について, JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 2011年度講究録, pp.246-251, 札幌(2011年12月26日): I. Vigan氏との共同研究
  • 戸田貴久, 集合を粉砕する二分割の集まりはいくつあるか, 列挙学校(再放送), 神奈川県三浦郡湘南国際村センター, ポスター発表(2011年9月28-30日): I. Vigan氏との共同研究。少し修正したポスターがあります。
  • Takahisa Toda, On Partitioning Colored Points, Laszlo Lovasz博士京都賞受賞記念サテライトワークショップ, ポスター発表(2010年11月16-18日)
  • 戸田貴久, 色付きの点の集まりはいつ超平面によりその色付け通りに分割できるか?, 代数、論理、幾何と情報科学研究集会, 立命館びわこ・くさつキャンパス(2010年9月)
  • 戸田貴久, 色付きの点の集まりはいつ超平面によりその色付け通りに分割できるか?, 2010年度夏のLAシンポジウム予稿集, pp.11.1-11.9, 氷見, 富山(2010年7月)
  • Takahisa Toda, Multi-convex sets in real projective spaces and their duality, Third Texas Southmost Geometry and Topology Conference, Texas, USA(Apr. 2010).
  • 戸田貴久, 与えられたどの凸多角形にも交差しない直線全体を構成するアルゴリズム, 2009年度冬のLAシンポジウム予稿集, pp.31.1-31.6, 京都(2010年2月)
  • Takahisa Toda, What is a Convex Set in a Real Projective Space? - An Interesting Helly-type Theorem - , Combinatorics: Methods and Applications in Mathematics and Computer Science, Workshop II: Combinatorial Geometry, California, USA (Oct. 19-23, 2009).ポスター発表
  • Takahisa Toda, Domain-theoretical aspects of convex sets in real projective space, Continuity, Computability, Constructivity: From Logic to Algorithms, Köln/Cologne, Germany (Jul. 2009).